恵比寿の小さなギャラリー


恵比寿にある小さなギャラリーです。日々に"風"を運んで来てくれる作品を展示いたします。

2019/06/19

あまのさくや個展「小書店」-はんこと物語のある書店-



あまのさくや個展「小書店」-はんこと物語のある書店-

2019.06.17(月)-23(日)  
時間:11:00-20:00

絵はんこ作家のあまのさくやさんによる3年ぶりの個展です。
今回のテーマは…
「小書店」-はんこと物語のある書店-

いろんな形の書店がありますが、書店にあるのは本だけじゃない。
文房具があったり、 本にまつわる雑貨があったり。
用事がなくてもつい立ち寄ってしまう。そんな人は多いのではないでしょうか。

何種類かの本が積んである中で、ふと手にした本が自分の今の気持ちとリンクしたり。
ぱらりと気ままに立ち読みしてみたり。そこにははんこのコーナーがあったりして。

そんな、小書店が恵比寿の真ん中にぽっと現れます。

<あまのさくやさんからのメッセージ>

少し長くなりますが、今回の個展に向けた気持ちを書いてみます。

『絵はんこ作家』として活動していた私・あまのさくやですが、ここ数年は特に、はんこだけで語りきれないことたちがたくさん増えてきました。

ひとつは、チェコ共和国が大好きで、追い続けてはんこを彫り続けてきたら、『チェコ親善アンバサダー』という肩書きもいただくようになりました。そして人の話をじっくり聞くのが好きで、ときに『インタビュー』もするようになりました。
そんな活動をしていると、「何をやっている人なの?」と尋ねられることもしばしばです。

そのように活動していくうちに、私は「はんこだけ」を作りたいわけではない。私ははんこと言葉も合わせた、本を作りたいぞ!と思うようになりました。そして大胆にも書店まで開きたくなってしまったわけです。

書店の店主がはんこ作家だった
私は、行けば興味をくすぐる何かが必ずある書店という存在が大好きです。中でもセレクトされたような書店は、どうにも店主の個性や偏りが、コーナーや品揃えから見える。私はそんな偏った棚を眺めるのが好きで。

だからこの「小書店」も、立ち寄った書店の店主が、たまたまチェコ好きのはんこ作家だった。そんな偏った書店にしたい。そんなふうに気軽に、立ち読みをする感覚で寄っていただきたいなと思っています。

エッセイを書いています
そして実は、今回のひとつの展示の中心として、『エッセイ』を書いています。

これは、絵はんこ作家として活動してきた自分としては大きな挑戦です。
しかも題材は……父。そして母のこと。
きわめて個人的な話を個展でするのか?という葛藤もなくはなかったです。

2016年にこのギャラリーで、「生きている」というタイトルの個展をしました。それは、亡くなった方をテーマにした内容で、亡くなったという事実はありながらも、どこかでその人が「生きている」。そういう景色を描いた版画作品の展示を行ったのです。
……でもそのときは、その2年後に、自分の母を亡くすことになるとは思っていませんでした。

人はいつか死ぬということは知っていたつもりだったけれど、まさか2年後だなんて。

そしてさらに父は、数年前から若年性の認知症を患っていました。

現在進行形で、物語は続く
そんな、母の病気と、父の介護に向き合った日々のことをつづったエッセイを書いています。

一見重たく見える題材かもしれません。でもこれは、漫画や絵はんこも入れて、私なりに自分が笑えるためにつくったもの。だからこそ、ふだんなら介護関連の本を手に取る機会がないであろう同年代の方にも、読んでみてもらいたい。それが私が30代で直面したことへの意味なのではないかと今では思っています。

若年性認知症を患った父は、数年前とはずいぶん変わってしまったけれど、どこかすっとぼけている言動がときどき笑える。そんな父との日常を中心に、30代そこそこの私へ怒涛のように押し寄せた出来事を書き留めています。

だからこのエッセイは、「完結」していません。まだまだ生活も人生も続いていくからこそ、まだこの本を完成させたくないのです。

そんな未完成なエッセイも並ぶ書店です。
ぜひぶらりお立ち寄りください。

あまのさくや

2019/05/16

ときのもり Ayumi Shibata Exhibition



ときのもり
Ayumi Shibata Exhibition

2019年6月1日(土)- 9日(日)
13:00-19:00
6月4日(火)お休み


“ひっそりと佇む秘密の小道

茂みをかき分けて、奥へ奥へ。

誰も知らない、ときのもり”



柴田あゆみの個展「ときのもり」を開催いたします。

「“紙;かみ”に“魂”が宿る」と語る柴田あゆみ。
幼少期に見た童話や絵本の世界からインスピレーションを得て、見えない世界と自然のつながりをテーマに制作しています。今回の個展では、山小屋が「ときのもり」になります。“かみ”が織りなす、美しくも独特な世界観を感じにお越しください。

—————

森羅万象の中にかみ(精霊や魂などのマナ)が宿るという日本人の自然観を基に、紙を使い作品を作り出しています。
かみは時間、空間を越えて、あらゆる万物の中に宿る
という考えから多くのものに「畏敬や畏怖の念を抱く」という自然観があります。
それは、大切にするという行動につながり
様々なものに神が寄り付くとの想いから依り代として祀ってきました。
紙は、我々の生活に欠かせない身近な素材として
様々な用途で使用されています。
このありふれた一枚の紙は、時としてかみが宿る命にもなりうります。
私たちは万物、自然、さまざまな物に生かされていて感謝と畏敬の念を忘れずに共存出来るよう、かみの思いを込めて作品を切り出しています。

柴田あゆみ


<柴田あゆみ プロフィール>
神奈川県横浜市出身。ニューヨークの国立アカデミーにて版画とマルチメディアを習得後、2015年よりパリに移り、多数展示を行う。2018年より横浜を拠点として活動。同年、イタリア、ミラノマルペンサ空港での大型作品の展示や、ドイツ国際ペーパーアートトリエンナーレにて入選。森羅万象の中に神(精霊や魂などのマナ)が宿るという日本人の自然崇拝を基に、紙を使い作品を作り出す。

2019/04/10

strawberry fields Yusuke Sato


strawberry fields
Yusuke Sato
Photography 2000-2018

ストロベリーフィールズ

どれだけなくそうと思っても
いつまでも残り続けるもの

———

2019年4月15日-21日
13:00-20:00 最終日は19:00まで

Opening Reception 4月15日(月)19:00-21:00

会場:gallery and shop 山小屋
東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F

———

花がとても好きです。ストロベリーフィールドは千日紅の近縁種。
どんな花よりも長く咲き、群生する景色がイチゴ畑に見えることからその名前がついたと言われています。
今まで思い入れなどなかった花ですが、これしかないと思いました。
花言葉も後からついてきます。「色あせぬ愛」「不朽」という感じ。やっぱり。
どんな時代を歩んでいても常にあり、どうしてか心からなくすことができなかったもの。それを自然と集めていたようです。もちろんそれも、後から知ることになります。
19年間、いつまでも残り続けてきた写真。長く変わることのなかった確かさをストロベリーフィールドとして。
みなさまと、未来に向かえるような季節に、出会えたら嬉しく思います。



佐藤祐介プロフィール
1977年生まれ。武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業。在学中に「写ルンです」から写真を撮り始め、日々写真と向き合い続けている。様々な旅から開催する写真展、美術家のインスタレーションや、学校の広告など幅広く活動。その瞬間を独自の眼差しと空気感で掬い取る写真で、見るものを魅了し続ける。
http://www.yusuke-sato.com

———
企画:MOVE Art Management
グラフィックデザイン:Chikako Oguma
フラワースタイリング:Iria Sachi Tanosaki

2019/04/07

-aimé- japon 展示会


-aimé- japon
2019年4月11日〜13日
11:00-20:00

《現代の日常着にクラシカルを》テーマに、アンティーク・ヴィンテージパーツ・天然石を組み合わせたコスチュームジュエリー。3日間の展示会を開催いたします。
ぜひお立ち寄りください。

2019/03/23

”Sketch2”-asami yamada pottery exhibition


”Sketch2”-asami yamada pottery exhibition

2019/3/29 fri - 4/3 wed
12:00-20:00(最終日-17:00)

「毎日を少しユニークにする」をテーマに
作陶を続ける山田麻未による、
春とこれからを楽しむための作陶展。
器と季節のアイテムを並べます。


asami yamada pottery
山田麻未
東京生まれ。美術大学で陶芸を学ぶ。
現在は陶芸講師を務める傍らで部屋の一角で作陶に取り組んでいる

2019/03/06

あめつちのうた



Japanese wild flower essences
あめつちのうた

2019.3.21 THU-25 MON
OPEN 13:00-19:00
会場:gallery and shop 山小屋


フラワーエッセンスは、花びらに溜まった朝露を摂取するという形で古代より用いられてきた植物療法です。約80年前にイギリスのエドワード・バッチ博士により体系化されました。植物を水に浮かべ、太陽の光の力で植物のエネルギーを取り込んだ水のことを、一般的に「フラワーエッセンス」と呼びます。

樋口由美子さんが主宰する「あめつちのうた」では、自ら山や森を歩いて見つけた日本固有種の600以上の草、木、花、鉱物などの植物を清らかな源流の水に浮かべ、フラワーエッセンスを作ってきました。山桜、まんさくの花、クロモジ、水芭蕉……。
深い森と水から生まれたフラワーエッセンスは、その人らしく、のびやかに生きる毎日をサポートします。

今回の展示では、「あめつちのうた」がこれまで出会ってきた植物の写真や、春の季節をテーマにしたエッセンス、嬬恋のあめつち農園で育てた無肥料無農薬の花豆味噌や柚子ジャムなどをご紹介します。その方に合わせたエッセンスをオーダーいただくこともできます。

また、イラストレーター河井いづみさんによる「あめつちのうた」ロゴのイラストレーション原画や、植物画のリトグラフ作品も展示いたします。
ぜひ、植物の力を感じにお越しください。

企画:MOVE Art Management
イラストレーション:河井いづみ

2019/02/12

Thank-You BOOK TOUR Kyon J


Thank-You BOOK TOUR
Kyon J

2019/2/15 (金)〜2/17 (日) 
10:30-20:30

"次こそ会いましょう!"
"旅のエピソード聞きたい!"
"写真集にサインしてほしい!"
"あの写真はどう撮ったの?"
"あそこはどう行ったの?"
"もっと話したかった! "

暖かいメッセージをたくさんいただき、とても嬉しかったです!

そこで思い付いた!

都内の一箇所を貸し切って、たっぷりみなさんとお会いして、お話して、写真の交流をすればいいのだと。
そんな中、ご縁があって「山小屋」と出会いました。


2坪しかない小さいお部屋ですが、
あったかくて、居心地いい。
名前の「山小屋」のように、木材の活かされるウッディな玄関が来訪者を日々迎える。

そして私にとって、
人生を変えてくれた数々の絶景には必ず「山」がある。

山に癒され、助けられ、
自然が見せる「一瞬の奇跡」を追いかけて、
気づいたら個展を開き、写真集まで出版させていただきました。


もはやそれ自体が奇跡とも言える三年間。
みなさんの応援、サポートがなければここまでやってこられなかったと心からそう思う。


盛り上がると日本語が変になってしまうのですが、
感謝の気持ちを込めて、手作りお菓子とともに「山小屋」でお待ちします。


Kyon J

中国広東省生まれ。2008年秋に来日し、現在は東京で働く会社員。
映画「life!」に心打たれ、インドア派からアウトドア派に。
2015年に北海道の雪原で出会った美しさに魅了され、
その感動を人に伝えたいと風景写真を撮り始める。
2016年は“Beauty of China”をテーマに中国の作品群を撮影。
2017年2月、ノルウェーで出会った冒険家たちに刺激を受け、
“Exploring the World” をテーマに、世界の絶景を中心に撮影するようになる。
2017年夏、ソニーイメージングギャラリーで個展「Amazing Moments」を開催。
2018年11月、初写真集「grace of light」を日経ナショナル ジオグラフィック社より発売。

International Photography Awards 2017 Winner
東京カメラ部10選2016に選出。
National Geographic、BBC、CCTVなどでの作品紹介、
風景専門雑誌、海外撮影サイトの取材、掲載多数。
人生を変えてくれた全ての出会いに感謝。